矯正装置について

院長よりひとこと

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川で使用している裏側矯正装置は、舌の違和感を軽減する最新の超小型裏側矯正装置です。歯への負担の少ない矯正装置を使用し、歯の移動による痛みを可能な限り抑えます。ご自身で着脱可能なマウスピース型の矯正装置(インビザライン)は、年々希望される患者様が増えています。また、表側矯正は、透明のブラケット、ホワイトワイヤーなど、できるだけ目立たない矯正装置を使用しています。成長期のお子様の小児矯正にも対応しており、年齢などに合わせて、インビザラインファースト、プレオルソ、ムーシールドや拡大床などを使用します。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、矯正専門の矯正歯科として、様々な矯正装置に対応することで、より多くの症例に対応可能となっています。


ワイヤー矯正用の矯正装置

歯への負担の少ない矯正装置を使用し、歯の移動による痛みを可能な限り抑えます。また、小型で違和感が少ないタイプや透明で目立ちにくいタイプのものも使用しています。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川で、裏側矯正や表側矯正などのワイヤー矯正で使用している矯正装置では、「低摩擦タイプのセルフライゲーションブラケット」と「弱い力の形状記憶合金ワイヤー」を採用しています。矯正歯科治療において一般的なブラケットとワイヤーによる矯正装置(マルチブラケットシステム)は、歯の表面にブラケットを接着して、そのブラケットにワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させます。しかし、この装置は、歯を移動させる際にブラケットとワイヤーの間に摩擦が生じるため、歯に大きな力がかかって痛みの原因となることがあります。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、治療による痛みを軽減するために、痛みの原因となる摩擦が発生しにくいタイプのブラケットを採用しています。このブラケットは、ワイヤーを開閉式のシャッターで挟み込んで固定することにより、摩擦の発生を抑えます。また、ワイヤーも弱い力で歯を移動させられる形状記憶合金のワイヤーを使用し、できる限り歯への負担と痛みを抑えるようにしています。また、特に裏側矯正では、小型で舌への違和感が少ないタイプのもの、表側矯正では透明で目立ちにくいタイプのものを採用しています。

ブラケットやワイヤーも厳選

摩擦が少なく痛みも抑える「セルフライゲーションブラケット」

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川でのワイヤー矯正では「セルフライゲーションブラケット」を採用しています。セルフライゲーションブラケットとは、歯にかける力が弱くて摩擦も抑えたローフォース・ローフリクションでワイヤー矯正を行うことが可能なシステムです。

従来の歯列矯正では、1本1本の歯に装着したブラケットに、ゴムや細い針金でワイヤーを縛り付けて固定するため、比較的強い力が歯にかかるものでした。セルフライゲーションブラケットでは、ブラケット自体にシャッターやクリップといった、ワイヤーを固定するための構造が組み込まれており、ワイヤーとブラケットとの摩擦が最小限に抑えられます。摩擦が少なく、弱い力で歯を動かすため、矯正治療に伴う歯の痛みが少なく抑えられ、また、歯の動きもスムーズになるため、治療期間の短縮にもつながります。

弱い力で痛みを抑える「形状記憶合金ワイヤー」

ワイヤー矯正で使用する一般的なワイヤーは、比較的強い力で歯を引っ張るため、治療中に痛みを感じるリスクもその強さの分だけ高くなってくることもあります。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、痛みを抑える対策のひとつとして「形状記憶合金ワイヤー」を採用しています。このワイヤーは、持続的に弱い力で歯を引っ張ることができるため、歯に過剰に力をかけることを防ぎ、歯の移動による痛みを軽減します。
また、一般的なワイヤーよりも効率的に歯を移動できるため、治療期間の短縮も期待できます。

POINT

  • 弱い力で歯を動かすので、痛みを軽減できる
  • 一般的なワイヤーよりスムーズに歯を移動可能
  • 歯と歯の周りの組織にダメージを与えにくい
  • 通院間隔を長くとれる(6週間ごと)

矯正装置の種類・材質

矯正装置の種類や材質には、さまざまなタイプのものがあります。

金属ブラケット

金属製のブラケットとワイヤーによるスタンダードな矯正装置です。目立ちやすいというデメリットはありますが、幅広い症例に対応できるだけでなく、治療費も抑えられます。

審美ブラケット

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では「審美ブラケット」をご用意しています。審美ブラケットは、ブラケットが透明で目立ちにくい色の矯正装置です。金属特有のギラギラ感が少なくなるため、費用を抑えつつもできるだけ目立たない装置で治療したい方に適しています。

裏側用ブラケット

裏側用ブラケットは、この裏側矯正(舌側矯正)用の歯の裏側に装着する矯正装置です。歯の裏側に矯正装置を装着することから、よほどお口を大きく開けない限り、まず矯正装置が見えることが無く、周囲の人に気づかれずに矯正治療を進めたい方におすすめです。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「クリッピーL」という裏側矯正装置を採用しています。このクリッピーLは、セルフライゲーションブラケット装置で、弱い力で効果的に歯が動くように設計されています。そのため、矯正治療による歯の痛みが少なくなるメリットがあります。また、舌があたったときの違和感も少なくなるように設計されており、サ行、タ行、ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。特に、従来のリンガルブラケット装置と比べ、「小さく」「薄く」設計されており、お口の中での違和感をより抑えた矯正装置となっています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置は、透明で目立ちにくいマウスピース型をしている矯正装置です。一定期間ごとに、少しずつ形の違うマウスピースに付け替えていくことで歯を動かしていきます。

マウスピース矯正とは、自分自身で着脱可能で、透明なマウスピース型の矯正装置=アライナーを使用して歯並びを改善する矯正治療です。目立ちにくく、装着していても、ほかの人にはほとんど気付かれることなく治療を進めることができます。「歯並びを治したいけど目立つのは嫌」「接客業で、ギラギラとしたワイヤーで治療するのは避けたい」という方には特におすすめの治療方法です。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「インビザライン」というマウスピース矯正を採用しています。インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型矯正治療システムです。マウスピース型の装置である「アライナー」は、透明で目立ちにくく、食事やハミガキの時は自分で取り外し可能です。インビザラインは、現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに1000万人を超える患者様が治療を受けられているマウスピース型矯正システムです。(アライン・テクノロジー社調べ)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

透明で気づかれにくい
インビザラインで使用するアライナーは、透明に近く、自分で着脱可能なマウスピース型の矯正装置装着であるため、装着しても他人に気づかれにくく、これまでのワイヤー矯正と比べ、見た目を気にすることなく治療可能です。
取り外しが可能
インビザラインで使用するアライナーは、自分自身で着脱できるので、お食事の際はアライナーを取り外して食べられ、治療前と変わらずにお食事ができます。また、ハミガキの際も、これまで通りに磨くことができます。
従来の治療法よりも快適
インビザラインは、少しずつ歯を動かしていく仕組みで、ワイヤー矯正と比べ痛みが少ない矯正治療です。はじめて装着するときのちょっとした違和感も数時間でなくなることがほとんどです。

床矯正装置

床矯正装置は、まだ成長期にあるお子様の歯並びを治療する「小児矯正」で使用する矯正装置の一つです。

床矯正装置の「床」とは、英語ではプレート=板のことで、お口の内側の部分を覆うプラスチック(レジン)の板のようなものがある装置のことです。このプラスチックの板に、床矯正装置では、スプリングやスクリュー型のネジを組み込んであります。ネジのあるタイプのものでは、1週間に1度拡大ネジを90度回転させることによって0.25mm拡大されますので、4週間で約1mmの拡大が可能です。

拡大プレート(拡大床)
「拡大プレート(拡大床)」は、歯並び全体を横に拡大する装置です。装置に組み込まれているネジを回すことで、少しずつ拡大していきます。わずかに歯列全体を拡大することで、歯の並ぶスペースを確保し、将来的な永久歯抜歯が避けられそうな場合に使用します。家にいる時に使用し、食事の時とハミガキの時は外すことができます。
アクティブプレート
「アクティブプレート」は、歯の部分的な移動に使用するための装置です。動かしたい歯の場所や動かす方向によって、お一人おひとりに合ったものを作製します。家にいる時に使用し、食事の時とハミガキの時は外すことができます。
バイトプレート
「バイトプレート」は、下顎の前方への成長を促すための装置です。下の前歯が圧下されることで、深い咬み合わせも改善される仕組みにもなっています。患者様ご自身の噛む力を使う装置です。

プレオルソ

「プレオルソ」とは、マウスピース型矯正装置で、子供の歯並びを改善する装置です。歯は適当に生え並んでいくのではなく、舌・頬・唇の筋肉のバランスに合わせて並んでいきます。この装置の特徴は歯を直接動かすのではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで間接的に歯並びを改善していくことです。つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいくのです。プレオルソは、お口に入れることで自然と口周りの筋肉を訓練しバランスを調整してくれますので、結果、歯が正しい位置に並んでいくことになります。

バイオネーター

「バイオネーター」は、子供の出っ歯の改善に使用する装置です。6歳頃~12歳頃の下あごが成長する時期に使用します。就寝中を含め1日10時間以上使用します。患者様ご自身の噛む力を使う装置です。

リンガルアーチ

「リンガルアーチ」は「舌側弧線装置」のことで、歯の裏側に装着して歯並びを改善する矯正装置です。歯を裏側から押し出したり引っ張るときの土台にしたり、ブラケットや上顎前方牽引装置を使うときの固定源にしたり、永久歯の生えてくるスペース確保のためなどに第一大臼歯(6歳臼歯)が動かないようにとめておくなどの目的で使用します。

急速拡大装置

「急速拡大装置」は、上顎の骨を側方に拡大する装置です。上顎の骨を大きくすることで歯の並ぶスペースを確保するために使用します。
上顎の骨は左右2枚の上顎骨という骨で構成されていますが、その縫合は18歳くらいまでは結合が弱いため、力をかけるとこの部分を分離することができます。矯正装置で分離させたところに新しい骨ができると、結果として骨が土台ごと大きくなります。

ムーシールド

「ムーシールド」は、乳歯列の反対咬合を改善するために使用する取り外し式の装置です。3歳頃~10歳頃までの期間に使用します。歯列の成長に悪影響を与える舌のくせを取り除いて、筋機能のアンバランスを整えることで、顔面、あご、歯を正しく発育できるようにサポートする装置です。主に就寝中に使用します。



このページのコンテンツ