歯並びの症状

院長よりひとこと

歯並びが悪いことで、見た目がコンプレックスになっている方はいらっしゃいませんか?そのような方は、おもいきり笑顔になれなかったり、手で口もとを覆って話すなど、日常生活でのコミュニケーションに支障が出てしまうことがあります。また、歯並びが悪いと、顎関節症、頭痛や肩こりなど全身にも悪影響を及ぼしてしまうこともあります。矯正治療は、歯並び・口元の美しさを得られるだけでなく、コンプレックスの解消や、審美的な面からくる自信などによって、精神的な健康にも結びつくものでもあり、将来にわたる全身の健康にも密接に関わってくる治療といえます。歯並びでお悩みの方は、ぜひ、スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川までご相談ください。


悪い歯並び=不正咬合

「不正咬合(ふせいこうごう)」とは、正常ではない噛み合わせ、悪い歯並びの状態のことをいいます。不正咬合の原因には、「骨格(骨格性)」によるもの、「歯(歯性)」によるもの、「その他(癖やその他の要因)」によるものに分けて考えることができ、それらが複合的に不正咬合を引き起こしていることがほとんどとなっています。

悪い歯並びの症状

 

ガタガタ・凸凹
叢生

「叢生(そうせい)」は、歯の大きさに比べ、顎が小さい・歯列アーチが狭いなどにより、歯の並ぶスペースが足りなく、デコボコになったり、重なり合って生えている状態です。歯磨きしづらいので、虫歯や歯周病に要注意です。

叢生の治療例へ

八重歯 

八重歯
(犬歯突出)

「八重歯(やえば)」は叢生の一種で、犬歯が正しい位置にない・歯列から飛び出ているといった状態です。犬歯は最後の方に生えてくるため、スペースが不足している場合が多く、正しい位置に生えにくい傾向があります。

八重歯の治療例へ

上顎前突 

出っ歯
上顎前突

「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」は、上の歯が下の歯より前に出た状態です。歯が傾斜している場合と、骨格により上の歯肉と歯が前に出ている場合があります。唇が閉じにくく、口内乾燥による虫歯や歯周病に要注意です。

出っ歯の治療例へ

下顎前突 

受け口・しゃくれ
下顎前突

「下顎前突(かがくぜんとつ)」は、下の歯が上の歯よりも前に出た状態です。歯が傾斜している場合と、骨格により顎が前に出ている場合があります。「サ行・タ行」の発音に変化が出たり、特徴的な口もとに悩むことも。

受け口の治療例へ

開咬 

前歯が噛み合わない
開咬

「開咬(かいこう)」は、奥歯を噛んでも前歯が噛み合わず、上下があいた状態で前歯でものを噛めません。子どもの頃の指しゃぶりや舌癖で歯を押してしまうことや、遺伝的な顎の形態からこの状態になります。

開咬の治療例へ

空隙歯列・正中離開 

正中離開 / すきっ歯
空隙歯列

「空隙歯列(くうげきしれつ)」は、歯と歯の間があいた状態、正中離開は前歯の間があいた状態で、咀嚼や発音に影響することがあります。顎や歯の大きさなど先天的なもの、舌癖などの後天的なものがあげられます。

すきっ歯の治療例へ

過蓋咬合 

深すぎるかみ合わせ
過蓋咬合

「過蓋咬合(かがいこうごう)」は、深すぎるかみ合わせ(ディープバイト)です。通常、上下の前歯は2~3mm程度の重なりで物を噛み切りますが、過蓋咬合は、上の歯の後ろの歯茎に下の歯の先端が当たり、前歯でものを噛み切れず、顎の正常な発育阻害などの影響が出ることもあります。

深咬みの治療例へ

交叉咬合 

ずれたかみ合わせ
交叉咬合

「交叉咬合(こうさこうごう)」は、奥歯のかみ合わせがずれている場合と、前歯が数本交伹していてかみ合わせがずれてしまう場合があります。上下の顎の大きさのバランスが違うことなどが原因で、かみ合わせが横にずれて、顔がゆがんでしまったりすることもあります。

交叉咬合の治療例へ

切端咬合 

ぶつかるかみ合わせ
切端咬合

「切端咬合(せったんこうごう)」は、上下の前歯の先端どうしが「毛抜き」のようにぶつかってしまっている状態です。前歯の先端どうしがぶつかることから、前歯の先にかかる負担が大きく、前歯が摩耗したり、欠けたりするリスクが高くなります。

切端咬合の治療例へ