子供の叢生の症状について

子供(小児)の「叢生(そうせい)」の叢生の場合、下の前歯が綺麗に並んでいなかったり、前歯が重なって生えてきてしまったりしています。これは歯が並ぶために必要な顎骨の大きさが小さく、歯の並ぶスペースが十分でないことが主な原因となります。日本人の顔は小顔の傾向になってきており、お子さまの顔の骨がより小さくなってきていますので、歯を綺麗に並べるためには、子供の成長の力を利用した矯正治療が必要になります。

子供(小児)が叢生になる原因

以下のような原因が考えられます

主に以下のような原因の一つまたは複数によって歯が重なり合ってしまいます。もちろん大人の歯並びなってからでも治療は可能ですが、抜歯矯正になったりするので、治療の難易度は高くなります。まだ成長途中にある時期に、子供の成長の力を利用しながら、歯の並ぶスペースを確保していくような矯正治療を行うことで、成人矯正の難易度も格段に下がったり、時には成人矯正の必要が無くなる場合もあります。

顎の骨が小さい場合

顎の骨が小さい場合には歯の並ぶスペースが十分でないため叢生になりやすくなります。

むし歯などで乳歯を早期に失っている場合

早期に乳歯を失うことで、正しく永久歯が生えてこなくなることがあります。

咬み合わせが悪い場合

咬み合わせが悪い場合にも叢生になりやすくなります。

歯の本数に異常がある場合

歯の本数に異常がある場合も叢生になりやすくなります。

鼻炎などによる口呼吸

鼻炎などによる口呼吸がある場合も叢生になりやすくなります。

子供(小児)の叢生を放置してしまった場合

子供(小児)の叢生を放置してしまった場合、むし歯のリスクが高ったり、歯の並ぶためのスペースの確保をできないままになってしまうため、成人矯正の時に抜歯矯正になることが多くなります。

子供(小児)の叢生に適した治療開始時期

子供(小児)の叢生は、ほとんどの場合、永久歯に生えかわる6~8歳以降に治療がスタートします。治療開始時期は、できるだけ遅くならないようにしましょう。「あごの狭さ」が原因の子どもは、できるだけ小学校低学年のうちに治療を開始することをおすすめします。中学生や高校生になってからではあごの骨が成長してしまっているため、歯を抜いての抜歯矯正が一般的な方法になてしまうためです。

子供(小児)の叢生の治療例 ~ ビフォーアフターとご説明

※只今準備中

「スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川」院長の櫻井が行った子供(小児)の叢生のその他の治療例はこちらからご覧ください。

子供の叢生の症例ページ

二子玉川で「子供(小児)の叢生」の矯正治療を受けたい方は「無料相談」へ

 

「スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川」では、経験豊富な矯正認定医の資格を持つ矯正専門の矯正医が、責任を持って子供(小児)の叢生の治療を担当します。また、歯並びに関する「無料相談」やセカンドオピニオン」も行っておりますので、二子玉川で子供(小児)の叢生の矯正治療をお考えの方は、お気軽にお電話をいただくか、メールでご相談ください。経験豊富な矯正認定医の資格を持つ矯正専門の矯正医が、より素晴らしい笑顔へと歯並び治療でお手伝いさせていただきます。


初診無料相談のご予約 / メール相談(初診用) / 資料請求