年齢に応じた矯正治療

院長よりひとこと

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、様々な年齢の患者様に対して多くの矯正治療を行ってまいりました。矯正治療は若い時にやるものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそのようなことではありません。もちろん子供の頃から治療を始めることには多くのメリットがありますが、成人してからや、中~高齢になってから矯正治療を受けられる方もたくさんいらっしゃいます。お子さんが矯正治療を開始され、親御さんも矯正治療をスタートするといった例も多くあります。矯正治療は基本的に始めるのに遅すぎるということはありませんので、まずはスマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川までご相談ください。


子どもの矯正治療(幼児〜12歳頃の混合歯列期)

歯列の土台となる顎骨の成長をコントロールし、永久歯が生え揃うためのスペースを確保します。

子供の矯正治療では、永久歯が生えそろってから行なう本格的な矯正歯科治療のための準備となる治療を行ないます。小児期では、あごの骨の成長する力を利用して顎骨を拡げ、永久歯がきれいに並ぶためのスペースを確保します。これによって抜歯をせずに歯並びを整えられる可能性が高まったり、その後の矯正治療の難易度を下げたりすることにつながります。また矯正歯科治療によって顎の成長をコントロールすることで、顔と顎のバランスを整え、顎の変形やフェイスラインの崩れを防ぎます。

子どもの矯正のメリット

子どものころから早期に始める矯正治療には、さまざまなメリットがあります。

顎の成長を利用した矯正治療が可能に

成長期にある子どもは、体が成長する過程で顔や顎の骨も成長します。それを利用して顎骨を適切な位置に導けるようコントロールすることで、歯がきちんと並ぶスペースをつくれます。歯並びが良くなるだけでなく、顔つきも整います。また、将来外科的な手術を要するといった事態や、顎関節症の発症を避けられます。顎の成長が止まっている大人の場合、顎の骨を動かすことはできないため、成長期の子どもだからこそできる矯正治療です。

歯を抜かずに矯正治療できる可能性が高くなる

大人の矯正治療では、歯がきちんと並ぶスペースをつくるため歯を抜くことがあります。子どもの矯正治療では、奥歯を後ろに動かしたり、横や前への成長を促すなど、顎骨をコントロールし、歯の並ぶスペースを広げることができるため、永久歯がきちんと生えるスペースを確保できやすいというメリットがあります。そのため、将来本格的な矯正治療をすることになっても、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。

心理的な改善ができる

歯並びが悪いと、口もとが目立ったり独特の顔つきになることが多いので、友だちにからかわれるなど見た目がコンプレックスになり、心理的なストレスを感じることがあります。しかし子どものうちに矯正治療を行なうと、早い段階でお顔全体のバランスが整い、見た目のコンプレックスを感じにくくなります。
また、子どもの矯正治療で使う装置にはいくつか種類がありますが、そのほとんどが目立たないものや取り外し式のものなので、装置をつけたときの見た目をあまり気にせずに治療を進められます。

中学生以降からの矯正(成人矯正)

矯正装置を使って本格的に歯並びを整えます。目立たない矯正装置も選択することができます。

中学生以降、永久歯が生えそろってからは、本格的な矯正歯科治療を行ないます。中学生から高校生のころまでは、顎も成長中で新陳代謝も早いため、スムーズに歯を移動させることができます。成人後は、顎の成長は止まるものの、治療結果を予測しやすくなります。また、矯正装置が気になる場合には、見えにくい裏側矯正装置やマウスピース型矯正装置で治療するなど、患者さまのご要望に合った矯正装置で治療を行なうことができます。

中学生以降からの矯正治療3つのメリット

思春期のこの時期に始める矯正治療には、大きく3つのメリットがあります。

コンプレックスの解消で、健全な心の成長をサポート

思春期になると見た目への意識が高まるため、歯並びが悪いと容姿がコンプレックスになることがあります。その結果「友だちとのコミュニケーションが苦痛」「人に笑顔を見られたくない」など、日々心理的なストレスを感じながら過ごすことになり、積極性が失われるなど心の健全な成長が妨げられてしまいます。
矯正治療で歯並びがきれいになり、口もとや顔つきが整うことで、コンプレックスを解消できる可能性が高まるため、心の健全な成長へとつながります。

歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病を予防できる

歯並びが悪く、歯が重なり合って生えている部分などがあると、歯を磨いたときに歯ブラシがきちんと届かないため十分に磨けず、むし歯や歯周病を発症しやすくなります。
歯並びがきれいになると、歯が重なり合うことなくきちんと並ぶため、歯ブラシが隅々まで届いて汚れを落としやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながります。

全身のバランスへの悪影響を改善できる

歯並びの悪さは見た目だけでなく噛み合わせにも影響します。噛み合わせが悪いと食べ物の噛み方が偏り、顎が本来あるべき位置からずれてしまいます。それにより左右のバランスが崩れて体に歪みが生じ、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。
噛み合わせの改善で全身のバランスが整うだけでなく、食べ物をしっかり噛めるようになることで栄養をきちんと吸収できるようになり、健全な成長を促します。

中~高齢者の矯正(中~高齢者の成長期を過ぎた時期)

矯正歯科治療に年齢制限はありません。健康のためにも噛める歯を手に入れましょう。

中高年になってからでも、歯や歯肉、歯を支える骨が健康な状態であれば矯正歯科治療を受けることができます。
美しい口元は、清潔で若々しい印象を与えることができるため、近年ではエイジングケアとしても矯正歯科治療を始める方も増えています。
また、年齢を重ねれば重ねるほど、健康のためにきちんと噛んで食べることが重要になります。お口と全身の健康のためにも、年齢に関わらず歯並びや噛み合わせが気になる場合は矯正歯科治療をご検討ください。

中~高齢者の矯正治療3つのメリット

年齢を重ねてから始める矯正治療には、見た目だけでなく健康面でのメリットもあります。

歯列崩壊を防ぎ、噛み合わせを回復

歯は、独自の噛み合わせをもつ上下の歯がきちんと噛み合うことで、体重の5倍もの力で噛むことができます。歯並びが悪く、上下がうまく噛み合わないと、力が不自然な状態で歯にかかることになり、本来なら歯列全体で支えるべき力が、特定の歯に集中してしまいます。それにより徐々に歯列が乱れていきます。
矯正治療を行なうことで、歯並びを改善して歯列を良好な状態に保てるので、噛み合わせの回復や全身の健康維持につながります。

口もとやフェイスラインが整い、若々しい印象に

第一印象は口もとによって決まるといっても過言ではありません。不正咬合や歯の欠損は口もとやフェイスラインの乱れを招き、老けた印象を与えてしまうこともあります。矯正治療で歯がきれいに並び口もとが美しくなると、清潔感が生まれ、お顔全体が若々しい印象になります。
また、若々しさには体の健康維持も関係しています。良好な歯並びと噛み合わせを得て、虫歯や歯周病による歯の損失を防ぎ、いつまでも自分の歯で噛むことを目指しましょう。笑顔が美しくなることで明るく前向きな気持ちになれることも、若々しさを保つ秘訣です。

自分の歯で噛むことで、認知症を予防

歯並びが悪いと虫歯や歯周病を発症しやすく、将来自分の歯を残せる可能性が低くなってしまいます。しかし歯並びが良くなれば歯を磨きやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながるので、将来的に歯を失わずに済む可能性が高くなります。
自分の歯でしっかり噛めると脳の血流が良くなり、神経回路を通じて脳に刺激が送られるため、認知症の予防効果が期待できます。





このページのコンテンツ