治療期間のコントロール

院長よりひとこと

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、矯正治療において、「治療期間のコントロール」つまり「可能な限り治療期間を短縮すること」を追求し、その治療法に対応しています。通常の矯正治療では、症例によって異なりますが、一般的には、1年半~3年程度の治療期間が必要になります。これが、治療期間のコントロールによって、早いケースでは半年~1年程度にまで短縮することも可能になります。患者さまそれぞれの口内環境などにより個人差はありますが、一般的な期間を1/4程度から半分程度にまで短縮できるという大きなメリットがあります。


治療期間のコントロール=短期間矯正

治療期間が従来の半分ほどに

一般的に、矯正治療できれいな歯並びを得るためには1年半~3年程度の矯正期間が必要になります。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、これを早いケースでは半年~1年程度にまで治療期間の短縮を図ることができる治療をご提供しており、「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療」「コルチコトミー法」「ヘミオステオトミー・コルチコトミー法」「オステオトミー法」などの高度な治療に対応しております。また、「セルフライゲーションシステム」の採用や、「光加速矯正(オーソパルス・オルソパルス)」も採用しており、より短期間の矯正を目指ことが可能な体制を構築しています。

短期間矯正はこんな方におすすめです

  • 成人式や結婚式などの大切なイベントを美しい歯並びで迎えたい
  • 留学や海外赴任などが決まり、治療期間が制限されている
  • 歯を抜かずに大きく動かす必要がある
  • 歯を削りたくない

短期間矯正を可能にする治療法

矯正治療の期間を短縮できるさまざまな治療法をご紹介します。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療
スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療」に対応しています。一般的に矯正用のインプラントとよばれるねじ状の小さな器具を、一時的に歯槽骨(歯を支える骨)に埋め込み、そこを固定源として大きく移動させる方法です。歯を固定源にすると、動かそうとしている歯だけでなく、固定源にした歯も一緒に動いてしまうことがありますが、動くことのないあごの骨に埋入したアンカースクリューを固定源にすることで、目的とする歯だけを動かせます。通常の矯正治療より大きく、速く歯を動かせるというメリットがあります。
光加速矯正(オーソパルス・オルソパルス)
スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「光加速矯正(オーソパルス・オルソパルス)」を採用しています。光加速矯正(オーソパルス・オルソパルス)は、近赤外線光を歯の周辺組織に照射することで細胞エネルギーを活性化させ、矯正治療のスピードを加速させ、痛みも軽減する治療方法です。矯正治療は歯を支える骨や組織に力をかけて行う治療であるため、細胞の働きが一時的に弱くなる状態になりますが、それらの細胞に近赤外線光を照射することで、歯を移動し、治癒させようとする細胞のエネルギーを高めることが可能となります。

詳細はこちら

セルフライゲーションシステム(クリッピーL)
スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、裏側矯正装置に「セルフライゲーションシステム」を採用しています。従来型の矯正装置では、ブラケットとワイヤーを固定するために、ゴムや結紮(けっさつ)線などを使用していましたが、これによって摩擦が発生し、歯の効率的な移動の妨げとなっていました。しかし、セルフライゲーションシステムでは、ブラケットにシャッター構造を導入しており、ワイヤーをこのシャッター部分に通すことで従来より摩擦抵抗の少ない装置となっています。弱い力で歯が動くので、矯正による歯の痛みが少なく、治療期間も短縮されるというメリットを得られます。
コルチコトミー法(歯槽骨皮質骨切術)

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「コルチコトミー法(歯槽骨皮質骨切術)」に対応しています。コルチコトミー法では、歯槽骨(歯を支える骨)の表層部分を一部だけ除去し、歯の動く範囲を広げたり、歯の動く際の抵抗を抑えることで、速く歯を動かすことが可能となります。骨には復元力があり、切ると回復時に以前より強度が増すという性質があるため、術後には歯槽骨が強くなり、矯正治療後に後戻りを防止するリテーナー(保定装置)の装着期間を短くしたり、後戻りする確率を下げる効果が期待できます。
また、矯正治療の一般的なリスクとされる歯根吸収(歯の根が短くなる現象)や、歯肉退縮(歯肉が痩せる現象)なども軽減できます。

ヘミオステオトミー・コルチコトミー法

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「ヘミオステオトミー・コルチコトミー法」に対応しています。ヘミオステオトミー・コルチコトミー法とは、コルチコトミー法をさらに発展させた治療方法です。コルチコトミー法のように歯槽骨の表層部分だけでなく、さらに内側にある海綿骨にまでひびを入れるため、歯が動きやすい環境となり、速く歯を動かすことが可能となります。ヘミオステオトミー・コルチコトミー法では、コルチコトミー法よりも骨の可動範囲が広がり、骨の復元力を十分に利用できるため、矯正期間の大幅な短縮が期待できます。歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療と併用するケースもあり、矯正期間も1/4程度~1/2程度にまで短縮可能です。

オステオトミー法(歯槽骨切術)

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、「オステオトミー法(歯槽骨切術)」に対応しています。オステオトミー法では、歯槽骨(歯を支える骨)そのものを手術して顎骨の土台から動かす治療方法です。「治療期間をできる限り短くしたい」と希望される患者さまにも適しています。

手術の方法は複数あるため、患者さまの症状とご要望、仕上がりの目標を考慮して適切なものをご提案します。

短期間矯正のメリット

短期間矯正は治療期間の短縮だけでなく、さまざまなリスクの低減などのメリットもあります。

  • 治療期間を大幅に短縮できる
  • 非抜歯矯正にできる可能性が高くなる
  • 歯根吸収のリスクを低減できる
  • 歯肉退縮のリスクを低減できる
  • 後戻りのリスクを低減できる

短期間矯正のデメリット

短期間矯正は高度な技術と経験が必要なため、対応できる歯科医院はそれほど多くありません。それぞれに合った治療法を提案してくれる歯科医院を選ぶことが重要です。

  • 外科処置が必要な処置もある
  • 対応できる矯正歯科が少ない
  • 通常の矯正だけ行う場合よりも治療費が高額になる

短期間矯正ができる条件など

妊娠中の方や、治療期間中に妊娠のご予定がある場合は、事前にご相談ください。

一般的な成人矯正と同じく、年齢的な制限などはありません。妊娠中の方についても治療を受けられますが、安定期に入る前はレントゲン撮影や麻酔を控えて治療する必要があります。そのため、妊娠中の方が短期間矯正を希望される場合、また治療期間中に妊娠のご予定がある場合は、事前にお伝えいただけますようお願いします。

短期間矯正治療の「無料相談」を受付中

二子玉川で短期間矯正治療をお考えの方はぜひ無料相談へ

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、日本矯正歯科学会認定医である院長が短期間矯正治療を担当します。また、歯並び無料相談・セカンドオピニオンも実施しておりますので、二子玉川で短期間矯正治療をお考えの方はぜひお気軽に当院までお電話いただくか、またはメールでご相談ください。

短期間矯正治療実績豊富な矯正歯科専門医が、あなたの笑顔をより素晴らしいものにするお手伝いをさせていただきます。





このページのコンテンツ