口ゴボ・あご無し・間延びした人中の改善

院長よりひとこと
下顎を反時計回りにオートローテーションさせると、下あごは斜め上方向に移動します。下顎の先が少し前に出て、顔の長さが短くなります。つまり「顎なし」と「面長」が改善されます。「顔を短くしたい」「顎が無いのでかえって顎が少し前に出た方が良い」といった方には最適な方法となります。
また、合わせて口ゴボの改善につなげていくことも可能です。
この方法には臼歯の圧下を得意とするマウスピース型の矯正装置を使用する「インビザライン矯正」が適しています。

下顎を反時計回りにオートローテーションさせることで改善

下記のような症状・特徴のあるケースでは、矯正治療によって、下顎を反時計回りにオートローテーションさせることで「顎の骨の骨切り手術」を避けて治療(非外科による治療)で改善できるケースもあります。※もちろん個人差によりできる・できないはあります。

こんな症状・特徴のある方
  • 面長な顔立ち
  • 口ゴボ・口元が突出している
  • 下顎が後退している
  • ガミースマイルがある

下顎の反時計回りオートローテーションとは

マウスピース矯正であるインビザライン矯正では「臼歯の圧下」を得意とします。臼歯を圧下させていくと、咬合高径が下がっていき、結果として下顎が「反時計回りに回転」していきます。このことによって下顎の前歯が噛み込んでくるので、開咬(オープンバイト)の症状が治っていきます。
※大臼歯をほんの1~2ミリ圧下(歯ぐき方向に押し込むような動き)させるだけで、オトガイ部(下顎の先端部分)では3~6ミリも変わってくるのです。

面長・口元が突出・下顎が後退しているケースを改善

反時計回りのオートローテーションを行いながら細かな調整を重ねていくことで、下顎が前方に移動して、顎なしの改善につながっていきます。面長で下顎が後退している顔だちは、下顔面が長くなりますので口を閉じると人中が間延びしてしまいます。下顔面を短くするような顎の移動を行うことで上下の唇が押し付けあって人中も圧縮されて短く見せることができます。
下顔面を短くしながらオトガイをだしてEラインを作り、口ゴボの改善をはかっていくことができます。

この治療方法には、マウスピース型の矯正装置を使用する「インビザライン矯正」が適しています。